ソグネフィヨルド ブリクスダール氷河 ノルウェーとことこ峡湾ハイキング⑧

第六日目(7月15日) 大移動の日である。出発(7:45)の時点では、天気は快晴だった。出発前に、ミニ散歩をした。港町特有の、坂の風景が見えていた。バスは、ベルゲンの街から、いきなりトンネルになるのが、長崎に、似ているな、と思った。トンネルを抜けると、フィヨルド沿いの、ベルゲンの郊外の住宅地を走り、また数本のトンネルを抜けると、田舎のフ…
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産ベルゲン散策 ノルウェーとことこ峡湾ハイキング ⑦

ベルゲンは、古都なので、古い街(かつて、個人的に、憧れたヨーロッパの五つの街の一つ)を想像するのだが、実際には、ノルウェーでは、第二の都市なので、人口は増加しているようだった。感じとしては、人家が増えて、発展しているような印象を受けた。ベルゲン駅も、随分と、立派になっていた。ヨーロッパの駅によくある、大きなかまぼこ型の大アーチに囲まれて…
コメント:0

続きを読むread more

フロム山岳鉄道、ベルゲン急行 ノルウェーとことこ峡湾ハイキング⑥

第五日目(7月14日) 今回の旅の大目的は、もちろんプレーケストーレンだったのだが、その前提として、フィヨルドを、上から眺めたい、という気持ちが強かった。この日の宿のフロムは、フィヨルドのどん詰まりなので、朝の散歩タイムに、ホテルの裏を、ちょっぴり、登ってみた。下に、港と駅が見え、遠くにフィヨルドが見えるポイントがあり、スケッチも楽しむ…
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産「郵便道路」 ノルウェーとことこ峡湾ハイキング⑤

第四日目(7月13日) 空模様は、曇りだった。ホテルを出発して、しばらくは、ハダンゲルフィヨルド沿いに、30分ほど走ってからトンネルに入った。最近の、ノルウェーは、トンネルが沢山作られている様子で、トンネルの中に、いきなり三叉路のロータリーが出てきて、びっくりした。ロータリーを右折して、トンネルを出ると、今度は、フィヨルドをつり橋で渡っ…
コメント:0

続きを読むread more

峡湾滝ドライブ、最北の果樹園 ノルウェーとことこ峡湾ハイキング④

三日目(7月12日) この日は、曇りというよりも、ガスっぽいような天気だったが、出発の頃は、雨の心配だけは、なさそうだった。ただし、暑い雲に覆われた天気なので、プレーケストーレンが、快晴の昨日で、本当に良かった、と思った。この日は、昨日のフェリーのルートよりも、西側のベルゲン街道を、北上した。最初に、2本の海底トンネルを通過した。トンネ…
コメント:0

続きを読むread more

プレーケストーレン ノルウェーとことこ峡湾ハイキング③

 這う這うの体で、プレーケストーレンにたどり着いたのだが、本当は、死んでも、上の崖の上から、プレーケストーレンを見たかったのだが、これだけ、みんなに迷惑をかけた上に、我がままを通すわけにも行けないので、そこは、男らしく、ぐっと我慢した。ただ、せっかくなので、添乗員さんに、カメラだけでも、絶景を見せてあげたいと思って、無理をお願いした。崖…
コメント:0

続きを読むread more

憧れのプレーケストーレンへ ノルウェーとことこ峡湾ハイキング②

 二日目(7月10日) 天気は、晴れだった。ホテルの周りを軽く散歩して、トレッキングに備えたところまでは、上首尾だった。8:30にホテルを出発、すぐにバスごとフェリーに乗り込み、8:40に、対岸のタウ港へ着いた。船中からは、瀬戸内海のような景色を眺めたのだが、ノルウェーは、小さな国(人口的な意味)にも関わらず、島にも家が沢山見えていた(…
コメント:0

続きを読むread more

ノルウェーとことこ峡湾ハイキング① プロローグ

ノルウェーとことこ峡湾ハイキング               2019/7/10~7/19  プロローグ 令和最初の海外旅行は、ヴァイキングのふるさと、ノルウェーへ行くことになった。ノルウェーは二度目なので、「国盗り物語」ではない。前回(20年前)、北欧五カ国を大周遊したのだが、必然的に駆け足旅行だった。それでも、ノルウェーは、首都オ…
コメント:0

続きを読むread more