百名山その後

 山陰を旅していたら、ローカルの新聞に、シニアの夫婦が、日本百名山を達成した、というニュースが、写真入りで出ていた。ほぼ、同じことを数年前に達成していたので、田舎に住んでいれば、ニュースになったのか、と複雑な気持ちになった。
 ところで、百名山が終わったら、皆さんは、何を目標にするのだろう。ちなみに、昨年百名山を達成した陽希さんは、現在二百名山に奮闘中である。二百名山には興味はないのだが、この前登ってきた蒜山は、たまたま二百名山だったようだ。
画像
自分には、百名山を含めて、登りたい山のリストがある。さまざまな情報から、登り易そうで、良さそうな山をリストアップしている。その中から、自己流の二つの「百名山」がある。一つは、「私本百名山」と「ファミリー百名山」と言うのだが、調べてみたら、前者が91座、後者が80座登っていた。これとは別に、日本百名山そのものも、多角的に楽しんでいる。一つは、百名山バッジの収集だが、これは残り一つである。もう一つは、登山記である。百名山で、登山記のない山は、3山あるようで、その山とは、日光白根山、両神山、木曽駒ヶ岳である。超の付く難しそうな山はないので、できれば、ここ1~2年ぐらいの間に、登ることができればいいなーとは思う。

"百名山その後" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。